高度利用者向け緊急地震速報受信機DPASSについて。

高度緊急地震速報を受信する専用端末「DPASS」の取り扱いを始めました。
気象庁から発報される高度利用緊急地震速報の電文を受信し、端末設置場所までの到達時間と震度をお知らせします。揺れが到達するまでの予測震度・予測猶予時間を知ることで、多くの人命や財産の安全に役立ちます。

高度利用者向け「DPASS」と一般利用者向け(TV、ラジオ、携帯電話など)の違い
一般利用の場合 高度利用の場合
発報のタイミング 遅い
情報が正確になってから発報
早い
地震情報を受けたらすぐに発報
発報震度震度5弱以上の地震で震度4からお知らせ震度1~震度7まで細かくお知らせ
予測エリア広い範囲でお知らせ
※現在地状況と必ずも一致しない
設置場所の震度をピンポイントでお知らせ
死活監視※1できないできる

※1死活監視…コンピュータやシステムが動作しているかどうか外部から継続的に調べること。また、そのような調査を自動的に行なうソフトウェアやシステムなどのこと。

ご購入の検討と方法

弊社に直接お問い合わせ下さい。
DPASS電子カタログ

オフィスメーカーへお問い合わせ
0120-996-117
※受付時間:午前9時~午後6時、日曜、祝祭日、年末年始を除く